白楽 岸根公園エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 白楽校】へお任せ下さい!

menu

白楽 岸根公園エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院白楽校

白楽・岸根公園・六角橋の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 白楽校】 横浜市立六角橋中学校のみなさんへ 社会の勉強の仕方 歴史編

白楽・岸根公園・六角橋の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 白楽校】 横浜市立六角橋中学校のみなさんへ 社会の勉強の仕方 歴史編

 

白楽・岸根公園・六角橋の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 白楽校】講師の斉藤です。

 

「もう社会なんて嫌いだ(><)」なんて声がたくさん聞こえてきそうです…笑 社会は嫌いですか?

今日は中学生の皆さんに、社会科の中でも苦手な人が多いと思う「歴史」の勉強方法のコツについてお話したいと思います♪ 

私はよく、「なぜ社会科が苦手なのか」と聞きます。すると、だいたいの人は「覚えるのが苦手だから」と答えてくれます。

このブログを見ている皆さんも、この理由ではないですか(^^)?

 

確かに、歴史は覚えることがたくさんあるイメージですよね。年号に人の名前、それから事件・法律の名前なんかもびっくりするくらい多いのが「歴史」です。

「こんなにたくさん覚えられない」そうですよね。でも、私は「覚える必要はない」といつも言っています。

もちろん、じゃあ何も勉強しなくてもいいいの?と、言うわけではありません。

全部覚えようとしても、それは無理なので、私は「理解する」ことを一番に考えています。たとえば、この絵を見てください。

sakana[1]

受験でも、学校のテストにもよく出てきますよね。皆さんの言う「覚える」は、この絵が日清戦争をイメージして描かれたことを覚えるということだと思います。

しかし、そのことだけ覚えても意味がありません。大切なのは、この絵に「どんな意味があるのか」ということを理解することです。

ちなみにこの絵の中の魚は「朝鮮半島」を、ちょんまげ姿の釣り人は明治政府、めがねをかけている釣り人は清朝をそれぞれあらわしています。そして、それを狙うのは橋の上から見ているロシアです。

この釣り競争の勝者は果たして誰なのか。その結果がどうなったのか。単なる一枚の絵でも、そこからは色々なことが理解できることがあるのです。

また、私の授業ではイラストや図をたくさん使って、親しみやすい授業を行っています。人物のイラストなどで、その人がどんなことをしたのかなどを調べてみるのも、歴史を「理解すること」につながると思いますよ(^^)

皆さんも私と一緒に楽しく社会を勉強してみませんか?皆さんに会えるのを楽しみにしています☆

 

 

*****英才個別学院 白楽校 概要*****

【授業時間】 17時00分~21時25分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

当教室ホームページからお問い合わせくださいhttp://eisai-hakuraku.com/

当教室までお電話ください045-438-4550(15:00~21:00 日・祝休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 白楽校 フェイスブック
英才個別学院 白楽校 ツイッター
英才個別学院 白楽校 YouTube チャンネル
英才個別学院 白楽校 Google+