Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pha91855/eisai-hakuraku.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284

白楽 岸根公園エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 白楽校】へお任せ下さい!

menu

白楽 岸根公園エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院白楽校

白楽・岸根公園・六角橋の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 白楽校】社会科 受験に勝つコツ講座 「雨温図①」

皆さんこんにちは。英才個別学院白楽校 講師の斉藤です。かなりお久しぶりです(^0^)!

 

最近梅雨明けした関東地方ですが、ジメジメが続いた後は打って変わって、まるで日照りのような日々が続いていますね。

外の植物たちは暑さで枯れてしまいそうですが、教室の観葉植物は太陽を涼しい教室でたくさん太陽を浴びているのでとても元気です(^^)。

さて、今日はなぜこんなにも日本は夏に暑くなって冬は寒くなってしまうのかという点をいくつかに分けて分析したいと思います。今日はまず、気候の違いから見ていきます。

下は東京のグラフです。これが一般的に日本の気候と紹介されていますが、日本は東西に細長い形をしている為、地域ごとでかなりの差があります。

東京は、6月~9月が雨量のピークとなっています。

例えば私は新潟県出身ですが、日本海側の気候は太平洋側と大きく異なり、冬は毎日曇り空で、降水量も冬に集中しています。

また夏は、太平洋側の方が気温が若干、高くなります。

日本海側は、太平洋側と比べ気温が低く、降水は冬に集中しています。

なぜこんなにも降水量に違いがあるのでしょうか。社会科は「なぜ?」と疑問に感じることが大切ですよ。

実は、日本には日本アルプスという大きな山脈が存在します。それは木曽山脈、飛騨山脈、赤石山脈の3つですが、これらが冬の降雪に大きく影響しています。

下に図も乗せてみましたが日本は冬になると、西高東低型の気圧配置となり、さらにユーラシア大陸のはるか北から冷たく乾燥したシベリア気団がやってきます。

シベリア気団の通る日本海では、暖流である対馬海流が流れシベリア気団を暖めます。急に温められた大気は不安定となり、雪を降らせる雲を作ります。

本来はこの雲が日本海・太平洋ともに広がれば上のグラフのような差は出来ないはずですが、ここで日本アルプスが壁のように立ちふさがることで、日本海側だけで雪が多くなるのです。

一方、大きな壁を乗り越えて太平洋側へ到達できた雲は、その頃には既に勢力が衰え、太平洋側の暖流である黒潮によってただの雨を降らせる雲に変わるか、若しくは消えてしまいます。

 

 皆さんお分かり頂けましたでしょうか(^^)

ちょっと難しいかもしれませんので、かなり噛み砕いて表現すると「雪が日本海側で渋滞している」というイメージです。

この他にも、四国・中国地方の瀬戸内海気候や、群馬や長野の高原気候など、一概に日本の気候はこうだとは言い切れません。日本は本当に面白い気候なんです。

日本の中だけで比べてみるのも面白いですが、日本と似ている気候や気温と降水量が真逆だったりと、世界の気候とも比べてみるのも意外な発見があって面白いものです(^^)

受験で特に問われることは、グラフを比較して「このような特徴があるからこのグラフはこの地域だ」ということを正確に選択することです。

次回は、実際の入試問題を見ながら、暑さの原因に迫りたい思います!

乞うご期待♪

 

*****英才個別学院 白楽校 概要*****

 

【授業時間】 17時00分~21時25分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

当教室ホームページからお問い合わせくださいhttp://eisai-hakuraku.com/

当教室までお電話ください045-438-4550(15:00~21:00 日・祝休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 白楽校 フェイスブック
英才個別学院 白楽校 ツイッター
英才個別学院 白楽校 YouTube チャンネル
英才個別学院 白楽校 Google+