Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pha91855/eisai-hakuraku.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pha91855/eisai-hakuraku.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pha91855/eisai-hakuraku.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pha91855/eisai-hakuraku.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 284

白楽 岸根公園エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 白楽校】へお任せ下さい!

menu

白楽 岸根公園エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院白楽校

白楽・岸根公園・六角橋の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 白楽校】中3生へ。面接練習!

白楽・岸根公園・六角橋の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 白楽校】室長の白石です。

 

神奈川県公立高校入試まで残り1か月ほどとなりました。

【英才個別学院 白楽校】では、受験生対象に面接練習を行っている最中です。

今日は面接で話す際のポイントを2つ紹介したいと思います。

是非、参考にしてみてください!

 

①返事は結論から言いきりで。

 

日本語の特徴として結論が後ろにきます。そこまでに必要な情報を伝えながら話すと、

思ったより長くなることがあります。

面接の際は、例えば『中学生活で一番印象に残っていることは?』と聞かれたら、

『ハイ。部活動です』

とまず、結論部分を言い切ります。

 

 

②『~だから、・・で、・・で、』としない。

『~です。というのば・・だからです。具体的に言うと・・でした。』とする。

 

 

①のように結論を言い切ります。そうすると、やや漠然した内容になることがあります。

すかさずそこに補足説明をします。

この伝え方は、聞き手がわかりやすいということと、

面接を受ける側も緊張で万一用意していたことが上手く言えなくなってしまっても、

まず結論を伝えているので、最低限度伝えたいことは伝えることができます。

また話す内容も整理しやすく、自信をもって話すことが出来ます。

 

良かれと思ってあれこれ話すと、話というものはどうしてもくどくなります。

面接の際には、言葉を短く切って、『てん、てん、てん、(、、、)』でつながずに、

『まる。まる。まる。(。。。)』で話すように意識してください。

これだけでかなり印象を良くできます。

 

 

面接はみんな初心者です。苦手で当たり前です。

ただ、どんなタイプの生徒でも数回練習すると、慣れます。

以上の言い方を身に着けることもできます。

何度でもアドバイスします。

たくさん練習して良い準備をしていきましょう!

 

*****英才個別学院 白楽校 概要*****
【授業時間】 17時00分~21時25分
【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生
当教室ホームページからお問い合わせくださいhttp://eisai-hakuraku.com/
当教室までお電話ください045-438-4550(15:00~21:00 日・祝休み)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 白楽校 フェイスブック
英才個別学院 白楽校 ツイッター
英才個別学院 白楽校 YouTube チャンネル
英才個別学院 白楽校 Google+